フィラリア症は危険性が高く予防が大事

「フィラリア症は危険性が高く予防が大事」のイメージ画像

愛犬と一緒に暮らしていると、必ずといっていいほどの確率で耳にするフィラリア。
フィラリアは、犬を主な寄生対象にしている寄生虫のうちの一匹です。
蚊を媒介して感染が広がる寄生虫で、蚊の体内で感染力を持つ幼虫になるまで成長し、蚊が犬から血を吸う際に体内へ侵入、寄生します。
寄生して最初のうちは皮下組織や筋肉組織中に潜んでおり、ゆっくりと成長しながら体内を移行して血液の流れに乗ります。
そして、最終的に犬の心臓へ寄生して成虫となり、フィラリア症という重篤な症状を引き起こします。

フィラリア症は非常に危険性が高く、悪化すると愛犬の命に関わります。
しかし、発症して初期の頃は症状があらわれにくく、明確な症状が出る頃にはすでに悪化してしまっていることがほとんどです。
治療法や治療薬も存在していますが、いずれも難しく、愛犬の体に大きな負担を与えてしまいます。
そのため、フィラリア予防薬を使って体内に潜んでいるフィラリアの幼虫を定期的に駆除し、予防しなくてはなりません。

最近では「フィラリア予防はしなくてもいい」という誤解が広まっていますが、フィラリア症は今も昔も変わらず存在しています。
誤った情報を鵜呑みにせず、キウォフハートを始めとした予防薬を使ってしっかりと予防を行いましょう。

キウォフハートを使ってフィラリアから愛犬を守ってあげよう!わんにゃん薬局なら簡単に手に入れられます。