動物病院の予防薬よりキウォフハートのほうが安い

「動物病院の予防薬よりキウォフハートのほうが安い」のイメージ画像

一度の投与で、フィラリア症と内部寄生虫による症状を抑えられるキウォフハート。
さらに、チュアブルタブレットタイプで簡単に投与できるという魅力も持っています。
これら二つの魅力に惹かれる方も多いですが、キウォフハートの魅力はこれだけではありません。

日本国内で使われているフィラリア予防薬の多くは、動物病院で処方してもらえるものです。
動物病院で処方してもらえるフィラリア予防薬も効果が高いものですが、価格が高めなので結構な出費になってしまうことも多くあります。
一方、キウォフハートは効果の高さと価格の安さが両立しており、リーズナブルな価格で手に入れられます。
動物病院で多く処方されているカルドメックチュアブルと比較すると、どれだけ安いのかがひと目でわかります。

動物病院によっても違いがありますが、カルドメックチュアブルは小型犬用のものだと、1錠1,210円ほどの価格になっています。
しかし、キウォフハートだと小型犬用のものが1錠383円ほどという非常に安い価格で販売されています。
1箱分の価格にしても2,300円ほどの価格なので、カルドメックチュアブルよりもはるかに安く購入することができます。
そのため、何か特別なことをしなくても、動物病院のフィラリア予防薬からキウォフハートに切り替えるだけで薬代を節約できます。