キウォフハートは飲ませやすい?

「キウォフハートは飲ませやすい?」のイメージ画像

冒頭で軽くご説明したように、フィラリア予防薬は愛犬の命を守るために必要なものです。
蚊を多くみかけるようになってから1ヶ月後に投与を開始し、蚊をあまり見かけなくなって1ヶ月後の時期まで投与を続けます。
そのため、フィラリア予防薬は飲ませやすく続けやすいものを使うのが一番だといえます。

数ある薬の種類のうち、キウォフハートはいわゆる内服薬に分類されます。
チュアブルタブレットタイプを採用して作られており、錠剤のような形をしているという特徴があります。
錠剤そのものにミート風味がついているので薬の苦味を感じにくく、食事に混ぜ込んでも気づかれにくいのが魅力です。
そのため、内服薬が苦手な愛犬にも飲ませやすく、簡単に愛犬のフィラリア予防を行えます。
また、錠剤に割線が入れられているので分割しやすく、錠剤が砕けてしまうこともありません。
一般的な錠剤よりも使いやすいため、はじめて愛犬にタブレットタイプの薬を飲ませるという飼い主の方にも安心してお使いいただけます。

このように、キウォフハートは錠剤と同じ形でありながら、一般的な錠剤よりも飲ませやすく作られています。
投与頻度も月に1回、1錠と少ないので無理なく飲ませ続けることができます。